ヒロシマ新聞トップ > 社会[記事]
 
  • 南方戦線の比じゃない
    御幸橋の光景脳裏に

    (六日夜)
五日の軍旗祭(連隊記念祭)の演芸大会で優勝し、優勝の賞品を手に笑顔の岡田六郎兵長。この時、翌日の地獄絵図を想像もしなかった。
  軍旗祭で余興 翌日に“悪夢”
暁部隊の岡田六郎兵長(江戸家猫八さん)語る


 広島市宇品町に兵舎があった陸軍船舶部隊(通称暁部隊)は、全軍の船舶輸送作戦に従事する部隊。六日の新型爆弾投下による負傷者の救護活動に当たった。その中の一人、陸軍船舶砲兵第一連隊(暁2953部隊)の岡田六郎兵長(23)=東京出身=は、ラバウル、北千島での輸送任務で九死に一生を得る経験をしているが、「これは、そんなものの比じゃない」と話した。

 連隊付の公用兵をしている岡田さんは六日朝、兵舎でまだ寝ているところを、初年兵に起こされた。「B29が、何かを落下傘で落としました」。岡田さんは前日の軍旗祭(連隊記念祭)の演芸大会で声帯模写など披露して優勝。賞品で手に入れた酒を飲み過ぎ、二日酔い気味の頭で「また、宣伝ビラだろう」と思った。

 「九つの時から三年間、親父の初代江戸家猫八一座で地方を回り、召集前は古川ロッパ一座にいた本職ですから…。声帯模写などはお手のもの。六日朝は、ロッパ一座で一緒だった花形女優、園井恵子さんが新劇のさくら隊の慰問で来るってんで、会いに行くつもりだったんですが…。二日酔いでまごまごしているうちに、兵舎前での朝の点呼にも遅れ、点呼に出ていた初年兵に起こされちゃったんですよ」

 しばらくして、空がピカッと光った。「青空の明かり以上でねぇ。この明かりがなくなった後は、外が暗くなったように感じましたよ」。続いて「ドーン」という大音響。とっさに「爆弾だ」と思い、急いで外の防空壕に逃げ込もうと走ったところ、爆風が襲ってきた。

 連隊は大騒ぎ。だが、状況が分からない。兵舎を出るには外出許可が必要で、二人以上が原則。公用兵の仕事は、比治山町にある船舶砲兵団司令部との連絡係で、「公用」の腕章一つで自由に外出できるため、「お前、様子を見てこい」と上官から命令を受け、一人で歩いて御幸橋まで行った。「この時に見た光景は、忘れられそうもない」

 黒く焼けただれた人の列。皮膚がペロリと落ちた人々。「ラバウル、北千島で、敵潜水艦の魚雷が輸送船に命中しそうになるなど、危ない目にはずいぶんあってきたが、この爆弾はそんなものの比じゃあない。大変な事が起きた」と、直感で分かった。あわてて兵舎に引き返し、上官に報告した。

 この後、軍医と数人の兵士で編成した救護隊の一員に。中心部に行くにつれ、負傷者はどんどん増える。「水をくれ」と叫ぶ声。だが軍医の命令は「水をやってはいかん。火傷の人に、慌てて水を与えると、死亡することがある」。「泣き叫ぶ声に、耳をふさぎたい気持ちだった」

 負傷者の火傷には「チンク油」を塗った。だが、負傷者数が多すぎて、軍から持ってきた薬では足りず、手の施しようがなかった。夜になって「死者の体から、フワッと、ほのかな明かりが浮かび上がるのを、初めて見た」と言う。
 
生活・くらし
くらし記事
帰らざる水都の夏 天神町かいわい
ヒロシマ新聞PDFダウンロードはこちら
核開発競争・ヒバクシャ
被爆死傷者
在外被爆者と救援の現状
軍都広島
中國新聞社の被害
インタビュー 川本隆史 教授
原爆ドーム
在外被爆者
被爆死者数
 本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。"ヒロシマ新聞"における情報の著作権は中国新聞労働組合または情報提供者に帰属します。
 2005年8月6日発行 中国新聞労働組合 広島市中区土橋町7番1号 郵便番号730-8677
 写真提供 : 広島平和記念資料館/広島観光コンベンションビューロー/広島市公文書館  協力 : 中国新聞社  制作協力 : SOLALA co,.ltd.
 (C)Copyright 2005 Labour union of the Chugoku shinbun. No reproduction or republication without written permission.
 7-1 Dohashicho Nakaku Hiroshima Japan